適応障害とひきこもり

適応障害とひきこもり

ひきこもりが社会現象になって数年。15歳から39歳のひきこもりの人がおよそ45万人。35歳以上で7年以上をひきこもりの状態の人が年々増えており、親の年金を頼りに生活している家族も存在しつつあります。

 

適応障害が多くなっている今日。ひきこもりの適応障害のとのつながりについて見ていきましょう。

 

適応障害とひきこもり 長期の恐れも

ひきこもりの人は何らかの心の病気を持っていることが分かっています。そのなかで適応障害が原因でひきこもりになっている人が大半ではないかと言われています。

 

ある医師の報告ではうつ病の大半は適応障害と認識しているようで、ひきこもりの人で障害者手帳を持っていない人がいて、世間や家族からも「怠けモノ」と見られて見放される懸念が浮かんできます。

 

ひきこもりが長引く理由

適応障害の原因でひきこもりの状態の人は、あまりメンタル科に行かずパソコン1つで稼ぐ方法でお金を手に入れやすく、働かなくてもお金が稼げる知識を、身につけている人も存在します。

 

自分の成功をメルマガに発信をして広告収入を稼いだりすら人も増えているのです。

 

その行為が生きる目標になればいいのですが、失敗する確率のほうが高く、投資に失敗して借金が増えてしまったという事例もあります。

 

それを動画サイトに配信して視聴者の会費で借金を返済しようと考えるので、外で働こうと思わずひきこもりが長期化してしまうのです。

 

きっかけは適応障害でひきこもり別の問題を引き起こしで家族に迷惑をかけるという人が多くこのことネタとして視聴者の興味を引くために動画サイトに配信してしまうため、適応障害者のゆがんだ人格像。周囲の理解ができにくい情報がネットにより拡散される仕組みが今後にどう影響されるのか懸念しています。

 

ひきこもりの人は働けない外に行けない。治療もしたくないという苦しみを抱えていること。その原因のひとつに適応障害の症状が引き起こしていること。

 

この2つのことを少しだけでもご理解していただければ嬉しいく思います。

スポンサーリンク