適応障害と恋愛

適応障害と恋愛

適応障害は生きてくなかでいろいろな壁となっで私達を襲ってくるものなんですね。

 

知らないうちに適応障害を引き起こすしてるということも十分にありえます。

 

例えば恋愛とかで彼女や彼氏かわ好きなのにデートには行きたくないとか、時間に合わせて行動するのが嫌だとか。体と心がチグハグになっている状態が適応障害を引き起こしているかもしれませんよ。

 

適応障害が引き起こす恋愛の壁とは

適応障害が引き起こす恋愛の壁になるものとして挙げられるのがドタキャンでしょう。

 

ドタキャンは恋愛以外にもやっではいけないことなんですけど、適応障害の人の場合、ドタキャンが悪いと分かっていてもやってしまう可能性が高いのです。

 

デートの約束や計画をするときは楽しそうに話していた彼氏や彼女がデート当日にドタキャンする事例は多いです。

 

ドタキャンの理由は「体が重くて言うこと聞かない」「デートが近づくたびに行きたくなくなる」「連絡するのも面倒い!」というものです。

 

ここから見て思うのには不安障害やストレス性障害が見受けらると思うんですがどうでしょうか。

 

ドタキャンしてしまうと次も同じようにドタキャンするのでないかとドタキャンされた側の気持ちも汲んであげないといけません。

 

適応障害の人の「自分が苦しいから行かなかった。が」理解に苦しみますよね。

 

実際はこれが適応障害の心の訴えなのです。

 

恋愛はできないのか?

ドタキャンはしてしまう。彼氏や彼女に理解されずにそのまま別れる繰り返しのループになっているのであれば無理に恋愛をしなくと良いと思います。

 

恋愛も密接した人間関係です。人間関係が原因で適応障害になったのであれば、恋愛は少し控えたほうが良いかもしれません。

 

リハビリの一環として は無理して恋愛する意識より自分の好きなように生きることを目標として外に出で自然のマイナスイオンを感るように世間的な考えを遮断する生活をしたほうが自分を傷つけずに済むと思うのです。

スポンサーリンク