適応障害と妊娠

適応障害と妊娠

妊娠は夫婦間のデリケートな問題ですね。「孫はまだ?」と催促する両親はよくある話ですがSNSの投稿で妊娠の報告や定期検診のことまたは、出産報告などを投稿する機会が多いなかで、幸せな報告を見るのが辛くて1人悩んでいる女性も少なからず存在しています。

 

焦りから適応障害になっている要因がある

妊娠を望む人望まない人との意見が同時に見られるSNS。

 

SNSを参考程度まで見ていれば問題ないのですが、真面目な人ほど基礎体温を調べているのに妊娠の反応がないほど自分を追い込む可能性があります。妊娠と聞くだけで気が狂うくらい胸が苦しくなることも。

 

他の人は妊娠しているのに、自分は不妊なのか?不安も大きくなり体調を崩すというよりホルモンのバランスが乱れて軽い更年期の状態になりやすいことも分かっています。

 

女性の場所は適応障害と更年期などホルモンの影響で心と体の不調を引き起こすので、デリケートな問題に触れないことが1番です。

 

妊娠中の適応障害の治療について

次に妊娠中の適応障害の治療についてです。薬物治療をしている女性が妊娠中の場合は薬の服用を中止して別の治療法に移行します。

 

医師の判断に任せることになりますが、妊娠中は女性ホルモンのバランスが急激に乱れるため、自律神経の動きも乱れています。

 

まずは自律神経の乱れを正常に戻すための食事療法やマルチビタミン、ミネラルのサプリメントを飲むことで神経を落ち着かせる物質の分泌を増やすように心がけましょう。

 

妊娠の不安がストレス因子として適応障害になった時はまずは栄養が不足している栄養素を補給することから始めましょう。

 

とくに葉酸や核酸、鉄分、亜鉛、マグネシウム、カルシウムは妊娠中に必要な栄養素であり、不足しているとアメリカの研究では胎児のありとあらゆる気管が未熟なまま生成され、自閉症・発達障害の赤ちゃんが生まれるリスクが高いというデータがあるほどです。

 

適応障害の人も栄養素が不足している可能性があるため、妊娠中は医師の相談のもとサプリメントや食事でしっかり栄養を摂り自律神経の乱れを緩和する生活をするようにしましょう。

スポンサーリンク