適応障害と食べ物

適応障害と食べ物

食べ物を食べることは生きること。適応障害を引き起こす原因で食べ物をおいしいと思わない。コンビニエンストアのお弁当やジャンクフードばかり食べて栄養が不足しているために、体と心の不調を起こしていることも。

 

適応障害の治療には食事療法も行い必要な栄養を食べ物から摂る習慣をつけることで、体の内側のケアから始めることも大切なのです。

 

偏った食事が適応障害を引き起こすことも

ジャンクフードばかり食べてるとカロリーも高いし太りやすくちょっとのことでイライラしてしまうことありませんか。

 

イライラが止まらずに迷惑行為をする人の食事はたいてい上記の食事をしている傾向が高いと言われています。

 

適応障害の治療のために食事を変えたら外見も内面も変えていく効果があるため、どんな食事をすればいいか見ていきますね。

 

食事から症状を回復すために

適応障害やうつ病の食事に適しているのはひじき、麦ご飯、味噌汁、刺身、きのこ料理、緑黄色野菜の煮物、納豆、お蕎麦などです。

 

和食は日本のスーパーフードが豊富でとくに納得は酵素、植物性乳酸菌、タンパク質、イソフラボンが摂れるため、自律神経の正常や腸内環境、基礎代謝の促進効果があります。

 

また、イライラの効果のために小魚、牛乳に含まれるカルシウム。果物ならバナナ、キウイ、グレープフルーツなど疲労回復、ストレス解消、不眠解消の効果があり、これらを食事から摂ると良いでしょう。

 

女性なら美肌効果やアンチエイジング効果がありますよ。

 

食事するのがキツイ場合は、マルチビタミンのサプリメントやグリーンスムージーを摂るなど栄養をバランスよく摂ることを心がけてください。

 

栄養が偏っていると、自律神経の乱れがそのままになってしまい症状が継続的に出てしまいます。

スポンサーリンク