適応障害について相談するには

適応障害について相談するには

適応障害になった場合、どこの機関に相談すれば良いのでしょうか。そのままメンタル科に直接に相談すれば良いのでしょうか。直接にメンタル科に行くのは気がひけますよね。

 

適応障害について気軽に相談できる機関があるか調べてみました。

 

気軽に相談できる機関はあるか

インターネットの相談窓口から調べてみました。

 

信頼度が高いとサイトは、厚生労働省の「こころの耳」です。このサイトは適応障害だけではなく労災の申請の仕方を記載しており、適応障害の情報を探すきっかけになると思い思います。

 

次に適応障害の治療を行っている心療内科のホームページは気になったので載せてみました。

 

「適応障害 相談」で検索すると全国各地の心療内科のサイトが出てきてその中の心療内科のサイトでカウンセリングルームが設置されている情報を見つけ たことでカウンセリングルームで相談できるということが分かります。

 

※参考資料
「心の病・適応障害・心クリニックー睡眠療法・心理療法・熊本県八代市心クリニック」
http://kokorocare.client.jp/counseling.html

 

「ジャストアンサー精神科の症状・病気相談」というサイトはだうでしょうか。

 

サイトから直接、専門医にメールのカタチでの相談が最短15分くらいで専門医から的確なアドバイスが受信できることから海外赴任・単身赴任のサラリーマンに高い評価が得ています。

 

※「ジャストアンサー精神科の症状・病気相談」
http://www.justanswer.jp/medical/

 

電話での相談

適応障害になった時に最初に相談したのが厚生労働省の「こころの健康相談統一ダイアル」です。全国の健康福祉センター・精神保健福祉センターなどの公的機関につながります。

 

ただ、相談をしたい土日祝日のお休みが多いのですが、最低限、公的な相談窓口があるんだと知ることはできます。

 

次に女性の人限定なのですが、「女性のための電話相談」というサイトを見つけました。

 

初回25分0円通話料も延長は無無料、料金カウンセリング料金のみ深夜3時まで相談ができます。

 

相談したいジャンルの中から専門家を選びサイト側から電話がかかってくる仕組みです。

 

誰もいない場所で相談できるのでこういうサイトもあるんだと知っておくと良いと思いますよ。

 

また、「女性の悩み無料相談口」というサイトでは、全国の相談センターが記載されています。こちらも参考にしてみてください。

 

適応障害の症状を悪化しないためには1人で悩まないこと。早めに専門機関に相談することです。

スポンサーリンク