無理をしないで治す適応障害

無理をしないで治す適応障害

無理をしない治療法

適応障害を克服する為に、実践したり意識するということがあります。適応障害と診断されても、徐々に回復傾向にある場合にはよいのですが、仕事が原因であっても忙しすぎて仕事で休みを取ることが出来ずに無理をして働いてしまうというケースもあります。

 

しかし、症状が回復していない間は無理をしないと言う事が大切です。適応障害の段階ではまだ症状は軽いほうですが、違う病気を併発してしまうという可能性もあります。そうならない為にも、無理をせずに過ごすと言う事はとても大切です。

 

症状を回復させるために実践してみると良いこと

例えば、無理をしないという選択で休職をしたとします。休職をしたときに、状況や気持ちと言ったものを書いておきます。そうすると、どのようなときに憂鬱なきもちになり、どのような時には憂鬱な病気から開放されるのかと言う事が傾向として見えてきます。

 

また、適度に運動をする事は心にも身体にもよいことです。適度に運動をすることで、全身の血液循環が良くなり、ストレスホルモンの分泌を軽減させる働きがあります。脳内麻薬と呼ばれるβエンドルフィンが分泌される事により気分が落ち着きます。

 

また、根本であるストレスを遠ざけると言う事は重要です。何が自分のストレスの原因になっているのかを深く分析します。原因となっている出来事を取り除く、または最小限に抑えると言う事が症状を回復させる上では大切になってきます。

 

また、睡眠時間を確保するというのも回復を図る上では重要な事です。睡眠不足だとネガティブになりやすくなりますのでしっかりと規則正しく睡眠をとりましょう。軽い運動をしていれば、自ずと身体がつかれているので眠りやすくなります。家でごろごろしていると生活リズムも崩れてしまいますので、常に規則正しい生活をする事を心がけましょう。

スポンサーリンク