適応障害が治ったときには

適応障害が治ったときには

適応障害が治ったきっかけは十人十色。人の数だけ治るまでのドラマがあったと思います。

 

肝心なのは適応障害が治りかけの時!ここを無理すると症状が逆戻りになることも・・・。

 

治りかけても無理はしない催眠と休息はしっかり取ろう

症状が治りかけても無理は禁物です。転職活動を開始してすぐに面接という気持ちは分かりますが、まだ本調子に戻っていません。

 

治りかけの段階こそ休息と睡眠が必要です。

 

夜中まで転職サイトを確認したりするとブルーライトで睡眠の妨害となり寝不足になりやいので、夜中の0時までに寝るようにしましょう。

 

休息の間も野菜、発酵食品を中心にバランスの良い食事を摂るように心げていくと体の循環機能が強くなり便秘、冷え、むくみ、気分の浮き沈みの解消できるでしょう。

 

SNSをシャットアウトする

友だちの幸せそうな投稿や仕事なやりがいがありますような投稿も適応障害の原因であるストレス因子の1つです。自分と比較してしまうSNSをシャットアウトをして本を読んだり外に散歩したりとのんびり過ごす日を作りましょう。

 

SNSの世界より外の世界のほうが視野が広く「人生にこういう時間が必要」と考えたほうが気がラクになります。

 

適応障害の治ったきっかけは外に散歩したり海を眺めたりサーフィンしたりと現実的な遊びから前向きな気持ちになること。

 

サーフィンを楽しみたい。楽しむな道具が必要。道具を買うのために必要なのはお金。お金を稼ぐための働く。こんなループで行動できるきっかけを作れるように、治りかけの時期を過ごしたほうが回復も早いでしょう。

 

適応障害から回復するために必要なのは、心と体を休息させるそと。そひて自分が楽しいと思う瞬間を見つけることでさす。

 

医師の指示を無視しない

適応障害が治ったと思うのは実は気分が高揚してるだけで、回復がまだ遠いかもしれません。

 

なので、医師が治ったと判断するまでは今までも通り医師の判断に従って薬を飲む。カウンセリングを受けるなど通院をしてください。

 

ダイエットと同じで体重が痩せるとほっとひと安心をして、ご飯を食べて過ぎてさらに太ってしまうというリバウンドと同じ、症状が治りかけてもしっかりリハビリを行う姿勢が大事です。

 

適応障害が治ったときの目標について

適応障害が治った思ったら、まずは会社に通勤する時間に電車に乗れるか。または通勤する電車に乗れるかどうか。

 

勤務時間と同じ時間で作業ができるのか。を確認する必要があります。

 

まずは通勤経路を普通に歩けるどうかリハビリの一環として行いましょう。

 

第一段階として会社に通勤する時間に起きて背広や制服を着られるか。

 

第二段階 最寄りの駅までバス停や最寄の駅まで行けるか。

 

第三段階 会社近くの駅まで電車に行けるか。

 

通勤経路を歩きたくないと感じればまだ症状が治っていないということ。

 

段階ごとにまとめて見ましたが、段階ごとにクリアしたら第三段階に挑戦してみると良いでしょう。

 

まずは会社に通勤できることが適応障害が治りかけているということです。

 

第四段階は勤務時間の間は作業できるかです。経験上、私がしたことはパソコンの無料体験コースに参加して2時間なら2時間パソコンに向かって作業できるのかリハビリをしました。

 

会社に少し近い場所で復職したことを想定をしながら続けていくと、リハビリの成果が実り適応障害が治ったと医師から判断されやすく復職も早くなると思います。

スポンサーリンク