適応障害を乗り越える

適応障害を乗り越える

適応障害は精神疾患なので、自分が適応障害だと知ったら、少なからずショックを受けるという人も少なくありません。しかし、適応障害は他の精神疾患に比べると、治療しやすい病気です。決して珍しい病気でもないですから、きちんと治療を受ければ、克服できるはずです。

 

ここでは、どうやって適応障害を乗り越えるのかということについて考えてみましょう。

 

適応障害を乗り越える

適応障害は、前述の通り治療しやすい精神疾患であるといえます。ですから、きちんと病気と症状に対して理解をして、治療を受け続ければ、ちゃんと克服できます。

 

乗り越え方は人それぞれですから、一概には言えませんが、ストレスの素から身を離すということも、場合によっては必要なことです。そうするだけで、病気が勝手に治るというような人もいます。

 

どうしても、逃げられないような状況がある場合、乗り越えるのは、もう少し大変になるでしょう。適応障害の問題は、その状況に適応できないことだと言えますが、病気を乗り越えるためには、治療をとおして、その状況への適応の仕方を覚えることも必要なのかもしれません。

 

社会復帰と再発防止

適応障害の治療の結果、社会復帰してもいいレベルまで回復したとしても、まだ「乗り越えた」というにはふさわしくないかもしれません。

 

なぜなら、適応障害は再発しやすいものでもあるからです。

 

ですから、治療を行なっていくときには、再発防止のための考え方、行動などを学ぶことも重要になります。

 

再発をせずに無事にしばらく暮らせれば、晴れて「適応障害を乗り越えて元気に過ごしている」と言えるのかもしれません。適応障害に限らず、精神疾患にかかってしまった人は、ここが最終目的地になるでしょう。

スポンサーリンク