適応障害と電話・メール

適応障害と電話・メール

適応障害のことを相談する時、メールで専門医に直接相談する方法と電話で直接に相談する方法があります。

 

適応障害のことを身近な人よりプライベートを重視する第三者機関で相談することで誰にもバレずに治療やリハビリを進めるというメリットがあります。

 

適応障害の人にとって電話とメールは専門医と繋げるアイテムなんですね。

 

電話をすることでいろいろ聞ける

専門医に直接電話ができるサイトが多くなり市の相談室よりも評判が高く、会社が終わった時間や休みなどに電話をして悩みや不安を話せるのは症状を回復する第一歩に近づきます。

 

カウンセリングの中で自分の症状の詳しい状況とどの科にかかればいいのか詳しく情報をリアルタイムに手に入れる点は電話あなではのメリットです。しかしその電話相談に依存してしまい通院にをするまでいかないデメリットも考えられます。

 

メールの役割

メールは全国また世界中どこにいても特定な人とやり取りができます。

 

適応障害のことをメールで専門医に相談をしたり、1日の出来事を友達とメールをし合ったりストレスの解消としてメールを頻繁に使っていることは今は当たり前になっていますね。

 

テレビ電話機能アプリや会話機能アプリの方を使う機会が多くなりましたが、アプリの使いすぎでメールに戻す人も多いのです。

 

適応障害の悩みを会話機能アプリでやり取りしたら、違う人に拡散されたという事例もありメールで1対1のやり取りの方が安心できるようです。

 

ただメールでのやり取りはタイムラグが生じるため待っている時間が苦痛になったりと逆にメール依存に陥るデメリットをうまく利用するのか。

 

これも専門医と相談をしてメールの使用時間を調整する必要があるかもしれません。

スポンサーリンク