適応障害と退学

適応障害と退学

適応障害と退学

義務教育を終えた高校以降で環境が合わずに適応障害を起こしてしまった場合に、最終的に退学をせざるを得ないという事もあります。休学をしていても、留年をしてしまい年下の人達と一緒に学ぶ事が難しく、身体の状況が改善しないと言う事もありますので、休学という方法もありますが、その後に退学をしてしまうケースも多く有ります。

 

退学後の進路

適応障害に陥ってしまい、学校生活になじめずに退学という選択肢を選ぶ事もあるかと思います。義務教育まではそのような事がなくても、高校で不登校になってしまうと、出席日数が足りずに留年してしまい、そうすると殆どが中退(退学)してしまいます。

 

高校を退学してしまうと、進路を慎重に考えなければいけません。高校を辞めてしまうと言う事は、その後の進路について全日制の高校へ編入・定時制高校への編入・通信制高校への編入・高卒認定試験を受ける・専門学校や専修学校への編入・仕事を始めるというものです。

 

全日制高等学校への編入はあまり例がないと思います。大学生の場合、留年してもその学校に入りたいと言う事で、同じ学年でも年齢が異なると言う事はありますが高校の場合には年下に混ざって授業を受けると言う事になじめず、同じように適応障害から不登校になってしまう可能性があります。定時制高校は学校にもよりますが、意欲の高い学生ばかりでは有りません。学校の雰囲気が自分に合うか事前に確認しておく事や、4年制のことも多いので卒業までに時間がかかることを理解しておく必要があります。

 

通信制の教育の場合、レポートや大学進学の手助けをしてくれるサポート校があり、毎日火曜必要はないのですが、自分で登校日を決める事が出来るというメリットはあります。通信制高校は全国にありますので、最寄の高校を探してみるのも良いでしょう。

 

高卒認定試験を受けて高卒の資格を取れば、大学新薬を視野に入れることが可能で、予備校に通いながら試験を受ける人が多くいます。通信制と専門学校が一緒になっている学校もあります。通信制で高卒を取得し、専門で技術を習得するというタイプです。美容師やパティシエ、クリエイター、ファッションなど様々なジャンルを学ぶ事が出来ます。

スポンサーリンク