適応障害と群発頭痛

適応障害と群発頭痛

適応障害の症状では、しばしば頭痛が起こることがあります。この頭痛には、緊張性頭痛や偏頭痛など、いくつかの種類がありますが、あまり聞いたことのない「群発頭痛」というものも存在しています。

 

この群発頭痛は適応障害の症状として現れることがあるのでしょうか。ここでは、適応障害と群発頭痛について、ご説明していきます。

 

群発頭痛とは

まずは、あまり耳にしたことのない群発頭痛がどのようなものなのかを知っておきましょう。群発頭痛とは、痛みがひどいことで知られている偏頭痛よりも、さらに痛みの度合いがひどい頭痛で、この群発頭痛が起きる時期には、毎日のように発生します。

 

この痛みのために、普通の頭痛ではないと感じるため、群発頭痛がおきた場合、病院に行くことがほとんどだと考えられます。

 

痛みの発作は、1?2時間で治ります。また、朝起きた時に起こるという人が多いようです。

 

群発頭痛は、耳にすることが少ないように、とても稀な頭痛で、多くの人がこの頭痛が起こった時に「群発頭痛だ」とは思わないでしょう。

 

適応障害でも群発頭痛は起こるか

適応障害の症状として現れる頭痛の多くは、ストレスが大きく関係している、緊張性頭痛か偏頭痛だと考えられます。しかし、群発頭痛も起こらないというわけではないでしょう。ただし、他の頭痛に比べると、そもそも元々あまり例のないものなので、適応障害で群発頭痛のある人というのは、少ないでしょう。

 

群発頭痛の原因は、他の頭痛とは違ってあまりわかっていません。しかし、疲れやストレスが関係していると言われているので、適応障害時に起こることはあるでしょう。

 

また、それとは別に、群発頭痛の激しい痛みから、自殺を考えるほどの人までいます。それを考えると、群発頭痛自体は、精神的な疾患を誘発してしまうことも考えられます。

スポンサーリンク