適応障害と発達障害

適応障害と発達障害

適応障害は発達障害の症状を起こすこともあります。事例の1つとしてストレスをたまるとなぜかティッシュを口に含みガムのように噛んでしまうこと。

 

このように赤ちゃん返りではありませんが幼児のような行動を起こす事例は存在します。

 

適応障害と発達障害の違いはどこにあるのか見てみることにしましょう

 

発達障害はコミュケーションが取れない障害

自閉症・アスペルガー症候群・ADHDといった発達障害は先天性を含むコミュケーション能力の欠如している障害です。

 

自閉症のようにおうむ返しやクレーン現象と人目でわかる症状とは異なり、発達障害も一般な人と変わらない「見えないハンデ」を持って生活しているということです。

 

適応障害は一時的な症状。発達障害は一生付き合っていく症状との違いではないかと思っています。

 

適応障害も発達障害も「問題児」「ちょっと変わった人」と見えるためそのまま支援されずに大人になってしまう点は共通しています。

 

ですが適応障害は自分が問題を起こしてることは認識していること。

 

発達障害は自分が問題を起こしていることを認識していないため、発達障害の支援を優先する背景が見えてきます。

 

発達障害のほうが生きてくのは大変?

適応障害と発達障害について見てきましたがら発達障害のほうが生きてくのは大変です。

 

コミュケーションが乏しいため、働く場所も限れて生活するのが困難です。

 

だから障害者手帳の対象者に撫っているわけです。

 

適応障害は環境の変化によって引き起こしているため、環境が変われば症状が良くなるため、障害というレベルではありません。

 

生活できるレベルかそうでないかで、支援のレベルが異なるのは当然です。

 

適応障害になる人が増加している今日、将来的に自立を目標として適応障害専用の手帳を作って支援の輪を広げるような社会になってほしいですね。

スポンサーリンク