適応障害とアスペルガー症候群

適応障害とアスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは対人コミュニケーションを苦手とする症状です。

 

今の現代社会で、アスペルガー症候群の可能性が高い人が少しずつ増えており、大人の発達障害の1つとして位置づけられています。

 

適応障害の症状にもコミュニケーションが取れなくなるという事例があるように、大人の発達障害の症状が出ている可能性があるということかもしれません。

 

アスペルガー症候群は先天性が多い

アスペルガー症候群は先天性の脳機能障害の1つ。いわば自閉症と同じ部類に入ります。

 

ただし、自閉症と違い知能は高く読み書きやスケジュールの管理などはできるのですが、コミュニケーションの暗黙の了解が理解できない点が仕事や趣味の集まりでトラブルを起こす要因になるのです。

 

適応障害の場合は調べてみないと何ともいえませんが、環境にらおける周囲との関係の悪化コミュニケーションが取れないくて生活面に支障が起きていることもあり細かく検査する必要はあるでしょう。

 

先天性か後天性かの違い

適応障害は環境の変化やその周囲の関係の悪化による原因であれば、後天性の部類。

 

アスペルガー症候群は最初から脳機能に障害を持って生まれてきますから先天性の部類と区別されるでしょう。

 

もし、適応障害にアスペルガー症候群の症状が強く出た場合は、アスペルガー症候群の可能性は高いと思っていいと思います。

 

体がもう耐えれないというサインであれば、そのサインを受け止める機会を逃してはいけません。

 

適応障害からアスペルガー症候群とわかった場合、症状についての相談会、就職支援などNPO法人の団体も存在します。1人で決して悩まず専門家のサポートを受けてください。

 

逃げるのは恥ずかしくありません。逃げて生きることが何よりも大事です。

スポンサーリンク