適応障害と喘息の関係

適応障害と喘息の関係

ストレスと喘息について

喘息というと子どもの病気というイメージが強いような気がしますが、成人後に発症する大人喘息というものもあります。大人の喘息はアレルギー気質など起動が過敏になる体質がある方におこる病気で、発作的に咳がでる・呼吸するとヒューヒューする・息が苦しくなるといった症状がおこります。

 

しかし、大人喘息の場合には血液や皮膚でのアレルギー検査では特定の原因が発見できずに、家老やストレスなどが原因と考えられる場合が多いとされています。

 

症状としては息苦しく、旨が重い感じになり特に深夜から早朝にかけて息をするとヒューヒューという音がしふだんから咳き込みやすくなります。身体を横にしているよりも起こしているほうが楽だという特徴もあります。

 

適応障害と喘息について

喘息の症状は適応障害の1つだとも言われています。その理由として喘息は気管支の炎症やアレルギー体質だけでなるものではなく、ストレスが原因だとも言われているからです。心の問題が取り除かれないと、なかなか喘息をコントロールさせると言う事は難しくなります。

 

適応障害になると自律神経失調症や心身症などの伴う事が多くなります。一種の心因性の体調不良です。喘息という症状がでていますので、病院を受診するときには内科や循環器内科に行きますが結局アレルギー検査などで特定の原因がわからずにストレスが原因ということになり、最終的には心療内科を受診する必要があるとされています。

 

自律神経が整っている人は、精神的なストレスにも強いといわれています。自然と副交感神経を優位にする事が出来れば、心も落ち着いてきます。子どもの頃に、交感神経や副交感神経を使っていないとスイッチの切り替えが上手くいかないためストレスをコントロールしにくい人に成長してしまう可能性があります。喘息も人の気持ちに左右されやすく些細な事で発作を起こすことがある為、心理面で発作が起こる可能性があると言う事を理解しておかなければいけません。

スポンサーリンク