適応障害と不安障害

適応障害と不安障害

不安障害とはパニック障害・外傷性ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害・全般性不安障害などの総合的にまとめた総称です。調べてみると適応障害の症状の1つとして不安障害の似た症状に似ている点がいくつかあります。

 

その適応障害の部類にある不安障害と違いはあるのか見てみましょう。

 

不安障害と適応障害の違い

不安障害の原因は不明であること。適応障害の原因ははっきりしていることな大きな違いではないかと思っています。

 

不安障害は体の負担なのか?環境の変化など現代社会が生きている中の全ての要素が関わってると考えられてきました。

 

この点は適応障害と共通している点ですが、近年の研究により脳の中の神経伝達物資の異常によることが不安障害を引き起こしているという説が有力とされてきます。

 

それにより環境調整よってリハビリや通過経過をしても、神経伝達物資が異常が変わらない以上、継続的に症状が治らないという理由があてはまれば、適応障害ではなく不安障害として判断されるでしょう。

 

6カ月以上症状が続くが続かないかの判断を見て、適応障害なのか不安障害なのか区別されるということを知っておきましょう。

 

不安障害は簡単に治るものではない。だからできることをしよう

心と体のバランスが取れることで喜怒哀楽を繰り返しながら生活をしているのが当たり前であれば、当たり前のことができないというのが最大のストレスになるでしょう。

 

適応障害も不安障害もストレスに対応できないから体や心の不調が出始める点は共通しています。

 

ストレスに負けないためにも、薬物治療と同時に食事療法も行うようにしましょう。

 

不安障害はそんなに簡単に症状が緩和される病気ではありません。薬を飲み続けないといつ再発するか分からないからです。

 

適応障害で不安障害の症状が強く見られるなら薬物治療について医師に相談をしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク