適応障害と併発する疾患

適応障害と併発する疾患

適応障害と併発する疾患(うつ病)

適応障害はストレス障害ですが、うつ病の診断基準を満たさないという理由で敵嘘うがいとされるケースが少なく有りません。5年後には40%の人がうつ病などの精神疾患に診断名を変更された尾言う統計もあり、適応障害はうつ病の予備軍であるとも言えます。

 

うつ病は精神障害の中でも比較的有名な病気ですが、神経伝達物質であるセロトニンの分泌異常が原因だとされています。適応障害とは違い、ストレスを感じている環境から離れてもやる気がなく、好きな事や趣味も楽しめなくなるほどの無気力感、悲しい気持ち、憂鬱な気持ちが強く、眠れなかったり、食欲が若かったり、悲しい憂鬱な気持ちが続きます。

 

このようなうつ病ですが、適応障害からうつ病へと発展する事も珍しくなく、重度のうつ病になってしまい診断が複雑になる可能性があります。始めは適応障害と診断されていましたが、ひどい抑うつが2週間以上続くということでうつ病だと再診断されるケースもあります。

 

適応障害と摂食障害や睡眠障害

摂食障害とは食べ物を食べられなくなってしまう拒食症と、食べても食べても食べ続けてしまう過食症とがあります。適応障害の場合、様々な精神疾患を併発してしまう可能性がありますが、通常はストレスがある不適応環境から解消されれば症状は緩和します。

 

職場環境がストレスとなっている場合は、仕事に行く事が憂鬱になりますので不安が強くても休みの日には気分が晴れて趣味を楽しむ事が出来るのです。うつ病やその他疾患を併発してしまうと、ストレス環境を離れたとしても、意欲の低下や喜怒哀楽の喪失、食欲低下、不眠と言った症状が現れてしまいます。適応障害が疑われたら、早い段階で医師の診断を受け早めに対処する事で他の疾患との併発を防ぐ事が出来るでしょう。

スポンサーリンク