適応障害と過呼吸

適応障害と過呼吸

過呼吸とは極度の緊張は不安などに襲われる時に呼吸が苦しく乱れて、息することご困難になる症状のことです。

 

その症状に陥ると体内の二酸化炭素の濃度が低くなり、胸の苦しみやめまい悪化すると失神してしまうことも。

 

適応障害を引き起こす時に場合によっては過呼吸になる事例も存在します。

 

過呼吸と適応障害の原因に共通してる点ががあるかもしれません。

 

過呼吸と適応障害の原因

適応障害者は今いる環境に人の倍以上のストレスをためて過ごしています。

 

ストレスになる原因が存在する以上は、不安と戦いながら仕事や学校に通勤・通学しているのです。

 

その心因的なストレスから起こるのが過呼吸になったり、泣きすぎて呼吸ができなくなる状態から過呼吸を引き起こす事例が確認されています。

 

適応障害の症状で過呼吸や動機を起こす理由は心因的のストレスで体が対応できくなった。また、不眠症による寝不足や不規則な生活などで、過呼吸が引き起こす体になっていることも考えられます。

 

過呼吸が起こした場合はどの専門医に診てもらえるえばいいのか

過呼吸も適応障害と同じ心因的なストレスが原因ということからメンタル科(心療内科)に受診することになります。

 

治療法も適応障害と同じ薬物治療として、薬を服用して症状を緩和させます。

 

ストレスや不安を取り除けば症状も治まっていくはずです。適応障害が原因であれば、カウンセリングをしながら原因の把握や環境調整など、自分がリラックスできる環境を作ることで完治を目指すという方法も採用すことが多いと言われています。

 

過呼吸も適応障害もまずはストレスや不安要素を早く取り除くこと。症状が悪化してしまうとパニック障害・不安障害へつながるリスクが高いため注意しましょう。

スポンサーリンク