適応障害と知的障害

適応障害と知的障害

知的障害とは

知的障害とは、発達期までに生じた知的機能の障害により、認知能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっている状態をさします。厚生労働省の基準では、知的勝敗は精神遅滞とも表される、知的発達の障害です。知的機能や適応機能に基づいて判断され、知能指数により分類されるとされています。

 

知的障害に良く見られる行動リストとしては、理解能力や表現力が乏しい・記憶量が少ない・未熟さが消えない・コミュニケーション障害・注意をするとパニックを起こす・身支度などに時間がかかるといったものです。

 

適応障害と知的障害について

場合によっては知能テストの結果、軽度の知能障害を認め知的障害に基づく適応障害だと診断される事もあります。知的障害とは知能面の障害で、知的機能に制約があり適応行動に制約を伴う状態で発達期に生じる障害であるという3つの条件があるようです。

 

知的障害の原因は染色体の異常・出産時のトラブル・幼児期の高熱と言った場合もあるようですが、原因の多くは謎につつまれています。

 

適応障害は環境の不適応によって、ある特定の人や出来事がその人にと手は外手も辛く厳しいもので、それが原因でうつや不快感などの気分となってあらわ得てきます。神経が過敏になったり、不投稿や出社拒否・物を壊してしまう・ケンカをしてしまう・落ち着かなくなるといった行動も適応障害です。

 

適応障害や知的障害は似ている部分もありますが、周囲になかなか理解できないというのが共通点です。適応障害や知的障害は、イジメなどに合いやすく登校拒否や不登校、休職や退職などに追い込まれてしまう可能性があります。すこしでも、自覚がある方は適切な診断と適切な治療が必要になりますので、どのような症状が現れているかと言う事を医師に伝え、社会復帰できるように治療を進めていかなければいけません。

スポンサーリンク