適応障害の改善方法

適応障害の改善方法

適応障害の改善方法についてです。適応障害の原因であるストレス因子を取り除き、体でいうデトックス効果がある生活を送ることが良いと分かってきました。

 

日常生活からできる適応障害の改善方法を見ていきましょう。

 

まずは健康食品を利用して改善する方法をご紹介します。

 

日常生活からできる改善方法とは

適応障害のストレス因子の元は、体内の活性酸素の増加という体内環境からストレスの対応能力が低下していることがわかっています。

 

まずはストレスを増やさないためにも活性酸素を体内に増やさない生活を心がけるようにしましょう。

 

活性酸素の増加はビタミンC不足なにより抗酸化作用のつまり体のサビを防止をする成分を毎日多く摂ることが望ましいとされています。

 

活性酸素が抑制すれば自律神経の働きも良くなり心の不安感が少なくなります。

 

近年に「ラクトフェリン」というアミノ酸が抗酸化作用とうつ病や心の疾患の予防ができる効果があるとしてサプリメントやヨーグルトを販売しています。

 

その他にデトックス効果に適しているグリーンスムージーやサジージュースなど。

 

心の疾患を抱えている人は栄養が偏っていることが多いため、栄養が偏らないために補助食品を使って体内からケアしていきましょう。

 

まずはストレスフリーの生活を送るためにすることを何かを考えてみましょう。

 

人は人。人は裏切るものだと考える

適応障害の原因が対人関係であれば少し考え方を変えてみましょう。

 

自分が変わらないと人は変わらないのです。

 

人は自分が不利になると親友や家族でさえも裏切ってしまいます(借金の保証人に勝手にされてしまう)。

 

だから、人は裏切る存在と意識して付き合うと楽観的な気持ちになってくると思います。

 

と言うように、「人に期待しない」「細かいことはいいんだ」と気を楽にしてみましょう。

 

そうすると自然に適応障害が改善に向かっていくはずです。

スポンサーリンク