適応障害の再発防止策

適応障害の再発防止策

適応障害の再発防止といっても簡単なことではありません。

 

学校教育や職場などの環境改善の他にクラスメートや職場の上司、同僚の理解と協力やメンタル科など専門家との提携といった横のつながりなどを確立など必要です。

 

このような仕組みが確立できれば学校ならイジメ。職場ならモラハラ・パワハラ・セクハラの対応にも活用できることでしょう。

 

カウンセラーの存在が大きい

適応障害の再発防止に必要なのは「心の支え」です。1週間に起きた仕事のかとを包み隠さず話を聞いてくれるカウンセラーの存在はとても大きく、話を聞いてくれるだけでも、心のモヤモヤ感が消えるため明日の糧として仕事や趣味に没頭できるのです。

 

職場の場合、総務課の社員がカウンセラーを担当する場合やお酒の席などにカウンセリングした内容をつい話してしまうことがありその人のプライバシーが守られないリスクが起きます。

 

職場でのカウンセリングをする際、カウンセリングのノウハウを学ぶセミナーを実施などする必要があります。

 

それでも、苦痛から解放できない場合は転勤を願い出る・配属を変える・転職をするという方法とか頭に入れておきましょう。

 

環境を変えるためには

次は家庭内や自分でできることで適応障害を再発を防ぐためには?

 

まずは早寝早起き。そして体を動かすこと。栄養バランスが摂れる食事をとること。

 

家庭内では旦那の親との不仲をが原因であれば別居するなど。学校に問題があれば、家族と話して転校をする方法もあります。

 

適応障害を放置しておくと自ら死を選ぶことも危険な症状です。命と仕事や学校どちが大切かを考えて行動してほしいと願っています。

 

適応障害の再発防止は自殺防止になるということを世間は知るべきではないかと思います。

スポンサーリンク