適応障害の基本的な治療方法

適応障害の基本的な治療方法

適応障害の治療方法とは

適応障害の治療方法は多くの場合、薬物療法とストレスコーピング、休養がメインとなります。薬物療法は医師の診断に基づいた薬で治療を行いますが、症状を緩和するためのもので病気そのものを治すものではありません。

 

適応障害の治療に有効なのはストレス状態からの解放

適応障害は何らかのストレスが原因で生じる障害です。ストレスから遠ざける方法は症状を出さないこと、或いは症状を軽減することに繋がります。例えば、職場で大きなプロジェクトを任されたものの、その責任の重さや重圧に耐えることができずに、ストレスになってしまいます。

 

ストレスを感じてから吐き気や頭痛が酷くなり、仕事を終わり自宅に帰ると症状は改善されるも、仕事に行かなければならない時間になると具合が悪くなり、自宅から出掛けることができないというような症例もあります。

 

このように、適応障害の多くの場合は、ストレス要因にさらされる状況になる場合に酷い症状に悩まされることを繰り返すため、ストレス因子を除去することが治療に適します。

 

適応障害は通常半年以内に症状は消失すると言われており、1つの出来事の症状が一度消失してから再発する可能性は低いのでストレスフリーな環境で治療することがポイントなります。

 

ストレスコーピングと耐性も治療の1つ

ストレスコーピングにより上手にストレスと付き合うことも今後、他の精神疾患を患わないための耐性をつけることも必要になるかもしれません。ただし、ストレスへの耐性をつけることは症状が治まってから行うことをおすすめします。他にも、心理療法や問題解決プログラムなどさまざまな方法がありますが、医療機関と相談しながら必要な治療を行うことが大切です。

スポンサーリンク