適応障害の治療期間はどのくらいかかるか

適応障害の治療期間はどのくらいかかるか

適応障害の治療期間は一般的にはどのくらい?

適応障害の治療期間は、適切なケアが行われれば、3ヶ月以内で改善されるとされています。(一般的には半年以内には症状は消失すると言われています。)しかし、家庭環境や生活環境が個人個人で違うように、症状も治療期間も人それぞれ違うのです。適切な治療と治療を見守ってくれる環境によっても予後は大きく変わってくるのではないかと思います。

 

適応障害と薬の治療期間

適応障害と診断されるとほとんどの場合に服薬治療が行われます。

 

不安が強いことでさまざまな症状を引き起こす適応障害は「抗不安薬」を用いて症状を緩和することができます。抗不安薬や統合失調症やうつ病、その他の精神疾患でも使われていますが、症状を緩和することができても、病気そのものを治すことはできません。

 

「薬を飲んだら症状が治まったから治った」と勘違いする方もいますが、ほとんどの場合、ある程度症状が改善されても服薬を継続されます。服薬を中止するには、自己判断ではなく医師の判断が必要です。

 

心理療法やカウンセリング、休職による治療よりも、服薬による治療が一番長く付き合っていかなければなりません。

 

平均の治療期間を聞くと焦ってしまう

適応障害だと診断を受けると「どのくらいの期間で治る」、「どのくらいの休養が必要」、「どのくらいしたら仕事ができる」など疑問に思うことはたくさんあるでしょう。しかし、言えることは統計の平均的なデータであり、あなたがどれくらいの期間で治療を完結することができるのは、治療してみないとわからないのです。

 

焦らず、ゆっくりと落ち着いた気持ちで治療していくことが大切です。人と比べるよりも、自分自身と向き合っていくことが何よりも大切です。ストレスは各々ありますが、ご自分のペース維持できるようなメンタルを作ることもさまざまな精神疾患から守る“予防”としても有効です。

スポンサーリンク