適応障害の薬の副作用

適応障害の薬の副作用

適応障害の症状により薬を投与をして経過を見守ることがあります。

 

薬は副作用を伴うことは誰も理解していますが、個人差によって副作用が見受けられました。

 

あくまでも個人に感想によるものなので参考程度に見ていただくようにしてください。

 

抗不安薬の副作用

抗不安薬のなかにベンゾジアゼピンという薬かまあります。

 

抗不安薬というの俗にいう睡眠薬です。

 

不眠症の治療などに多く処方させら薬のであるため ベンゾジアゼピンの副作用が報告されているのです。事例を挙げてみると・・

 

事例1
アルコールを飲んだ後に薬を飲んだら眠気が急激襲ってきた

 

事例2
薬が継続的ではなく薬が切れると急激に落ち込む

 

事例3
違う薬と同じ時間に飲んだら、軽い記憶障害になった

 

事例4
薬を飲み続けると依存傾向が強くなる

 

ベンゾジアゼピンの特徴は定期的に飲む薬でなはく、一時的に飲むことです。

 

依存系が強い人が飲むと薬がないと生きられない危険性があり、適応障害の症状の依存行為に拍車をかけてしまうでしょう。

 

SSRIの副作用

SSRIは、抗うつ剤として2000年代からうつ病の治療薬として使われています。

 

適応障害には抑うつ状態・躁うつの症状の経過によって薬を処方されることが多く、幸せホルモンことセロトニンの分泌を増やし、精神的の安定を促す効果があります。

 

そんなSSRIの副作用の事例を見てみましょう。

 

事例1
過剰摂取によるり意識不明になる

 

事例2
吐き気が嘔吐がひどい

 

事例3
眠りが浅くなり睡眠不足なる

 

事例4
めまいが起きる

 

適応障害の薬の治療は補佐的な位置で行われます。

 

その点を理解して服用すれば副作用を起こることは少ないと言えます。

 

「他人を気にせず前向きに生きること」が目標に治療が進められているのです。

スポンサーリンク