適応障害を放置しておくとどうなるのか

適応障害を放置しておくとどうなるのか

適応障害を放置した場合

適応障害を放置しておくと、症状が悪化し別の病気になってしまう可能性が高くあります。抑うつの強い状態が2週間以上続いているという場合には「うつ病」という診断基準があります。また「不安障害」の場合、恐怖感を持つほど以上ではない極度の不安感が診断の1つの目安です。「

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)」もストレスが原因ですがテロのように命を脅かすほどの重大な出来事があった場合になりますので、適応障害からPTSDになる事はごくまれでありますが、適応障害を放置しておくと「うつ病」や「不安障害」を引き起こす可能性があります。

 

適応障害だと疑ったときにチェックする項目を挙げます。@ある環境で価値観や常識が自分と全く合わず、合せていくことが難しそうだということ Aある環境によるストレスで自分にとって「つらい」と感じる症状が出ていること Bある環境によるストレスで生活に何らかの支障が生じていること です。これを満たしている場合適応障害である可能性があるので、早めに専門医に診てもらうことをお勧めします。

 

適応障害の治療法

まずは医師に相談をすると言う事です。適応障害は心の病気になります。病気である異常、専門医に相談をして適切な治療を受けるというのは大切な事です。放置をしてしまうと、症状は悪化し、自分自身が余計に辛い思いをしてしまいます。

 

精神科に行く事に抵抗があるのであれば、かかりつけ医師や産業医などに相談をしてみるというのもひとつの方法です。ストレスチェックなどの導入もあり、企業にはメンタルヘルスに精通している産業医も増えてきています。そのため、適切な対処法や必要に応じて職場の環境調整をしてくれたり、提携している医療機関への紹介などもあります。そこで、ストレスの原因をつきとめ、ストレスを感じないように治療をしていく事が、症状を悪化差無い為には重要です。

スポンサーリンク