適応障害と病院

適応障害と病院

適応障害とセルフチェック

適応障害は概念がわかりにくいため、自分自身では適応障害かもしれないと気づくのが難しい部分もありあす。職場や学校の環境になじめずに適応できなかったとしても、甘えだという評価になってしまい病院を受診するということをやめてしまう人もいます。

 

また、落ち込む日々が続いていてうつ病かもしれないと気がつくことが出来れば、メンタルクリニックを受診するなど考えるかもしれませんが、はっきりとした基準が無い為にどこの病院に行ったらよいのかもわからないという実態があります。適応障害の場合、環境の変化に苦痛を感じていても、この程度の事で病院などを受診するのは大げさではないか、みんなストレスを抱えながらいきているんだからこれぐらい我慢しなければと考える人も少なく有りません。

 

適応障害を疑ったときにチェックすべき項目としては、@ある環境での価値観や常識が、自分と全く合わずに合わせる事が難しそうである。Aある環境によるストレスのせいで辛いと感じる事がある。Bある環境によるストレスで生活に何らかの支障が生じているという点です。

 

受診する病院

適応障害などの心の不調に夜病気の受診は、まずはメンタルクリニックを受診してみてください。メンタルクリニックという響きから敷居が高くて行きにくいと感じる人は多いかと思いますが早めの対応が重要になります。

 

まずは問診からはじまりますが、自分の心の状態についてきちんと話をして伝えることが大切です。話をする事が難しいという場合には、症状をメモ書きか何かにしておくのも良いでしょうし問診表に詳しく書いて伝えると言う事も重要です。どんな症状でいつから起きていて、きっかけがどのようなことでいつ症状が起きるのかということや、職場や学校・家庭環境やライフイベントなどは重要な手がかりとなる事があります。

スポンサーリンク