適応障害の症状の段階

適応障害の症状の段階

適応障害の段階

適応障害にも潜伏期間というものがあります。日常生活などの社会生活を営む上で、ストレスを受けてから3ヵ月以内に発症するとされています。ストレスに対して過剰に反応してしまいます。初期症状としては気分の落ち込みや、不安、焦りと言ったものから日常生活に支障をきたしてしまいます。また、そのような症状だけでなく、暴力など攻撃的な面があらわれることもあります。

 

進行時の症状としては勤務の怠慢と思われるような行動や、暴飲暴食、過剰な飲酒、ストレスに対する過剰な反応によるうつ状態、不安症状、倦怠感、腰痛や頭痛といった身体症状が現れます。

 

分類としては不安症状(不安、恐怖症)、うつ状態(憂鬱、喪失感、涙もろくなる)、問題行動(赤ちゃん返り、勤務怠慢、過剰飲酒、ケンカ)、身体症状(頭痛、不眠、倦怠感、動悸、めまい、多汗)といった4つの段階の症状が現れます。

 

治療の経過と再発予防について

治療後の再発予防についてですが、適応障害はストレスを取り除く治療を受けると6ヶ月以内に軽快されるという報告があります。しかし、一度発症をしてしまうと別の事がストレスの原因となり、再発してしまう可能性や、そのほかの精神疾患を併発してしまう可能性があります。

 

慢性的な適応障害は、おおくが5年以内にうつ病へ発展する恐れがあります。適応障害は心の弱い人がなる病気ではなく、どんなひとでも環境が変わる事によるストレスを受ける事で発症する病気です。一度、発症をしてしまい慢性化してしまうと別の疾患に変わってしまう可能性もある為、まずはストレスから離れ本来の自分を取り戻す事、その上で適応できない環境に対してどのように対処していくかを寛gなえる事が再発を予防する上では重要です。

スポンサーリンク