適応障害の療養期間

適応障害の療養期間

基本的な適応障害の療養期間について

原則的に適応障害とは、強いストレスを引き起こす状況や出来事によって、体調や気分に異常を来たす美病気になります。抑うつな気分で集中力を欠いたり、頭痛やめまい、吐き気と言ったからだの症状がでたり、暴言や暴力を振るったり、アルコールやタバコに依存したりする症状がでてしまいます。

 

しかし、原因は強いストレスですからストレスの元から離れるようにすると長くて半年もすれば治ってしまう病気なのです。療養期間のひとつの目安として、半年という基準が有ります。厚生労働省のHPには「発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1ヶ月以内であり、ストレスが終結してから6ヶ月以上症状が持続する事はない。」とされていますので、通常はそこまで怖がる病気ではありません。

 

しかし、ストレスが上手く除去できない場合には療養期間は通常よりも長くなってしまいます。重要なのは病気の根本であるストレスが終結してから半年というのが療養期間の目安です。

 

療養期間が長引いてしまう人

治療をして早く治したいと焦る気持ちは、治療を長引かせてしまう原因のひとつなります。人に迷惑をかけてはいけない、常に楽しんだ生活を送りたいという強い気持ちから適応障害だといわれても無理に無理を重ねてしまい、普通の生活を送ろうとすると症状が長引いてしまいます。

 

頑張る事が治るという考えが、逆の症状を引き起こし始めは適応障害だったものが、症状が悪化してしまいいつの間にかうつ病になってしまうと言う事もあるのです。

 

厚生労働省によると適応障害と診断されていても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更をされています。つまり、適応障害は実はその後の重篤な病気の前段階の可能性もある。とされています。こうしたことから、適応障害と診断されたらストレスをさけ焦らずに治療をすれば半年ほどで病気は治ります。

スポンサーリンク