適応障害と入院治療

適応障害と入院治療

適応障害は原因もはっきりしているから、そんなに治療も他のうつ病みたいに入院までするような症状ではないイメージを持っていました。

 

適応障害の定義として症状が半年以内に治ること。つまり半年間に生活に支障がでるほどの症状により入院をしている人は多いのです。

 

軽度の場合はカウンセリングで原因をはっきりさせていくことで環境調整を行います。

 

環境調整では間に合わずメンタル科に入院をして治療を行いますますが、どのような治療法を行うのか見てみましょう。

 

入院治療の経過

適応障害と入院をする時に、最初に行うことは主治医と面談をします。

 

どんな症状が出てるのか?その症状がいつ頃からでているのか当事者から詳しく聞きます。

 

面談をして適応障害と医師が判断をして治療の方針を伝えます。

 

例えば、不眠症の症状が見られる場合は不眠症の種類に合わせて薬が処方されます。

 

以上のことから適応障害の治療は主に2つ。面談をしていつ頃から症状が起きたのかを把握する「認知行動療法」
症状によって緩和・改善させる薬を投与する「薬物療法」

 

当事者と同じく家族に面談をして適応障害であることの説明と、家族の理解を求めます。

 

原因に家族があるとすれば、入院をすることで家族と離れる環境を作るのです。

 

他人を気にしない生き方ができるように

それ以降は症状の経過を見守りながら、当事者のストレス因子を減らしていきます。

 

時には当事者の要望を聞いて、ならべく要望に応えたり、飲んでいる薬が合わなければ別の薬を処方をして様子を見る。そして面談の繰り返し。

 

適応障害の治療は面談しながら当事者の様子を見て、環境に適応させること。「他人を比較しない。自分は自分と自信を持って生きていけるように」と当事者を社会生活を送れる目的としているのです。

 

退院をしてからは社会生活を送れているかを見るように週1回の通院を必要とします。

スポンサーリンク