適応障害とカウンセリング

適応障害とカウンセリング

適応障害へのカウンセリングの効果

精神疾患や心の病気などにはカウンセリング療法が行われます。適応障害にもカウンセリングは有効的であり、定期的に通院される方が多いそうです。カウンセリングは、カウンセラー、臨床心理士や精神保健福祉士、看護師などによって行われるものが多く、過度なストレス状態を軽減することができます。

 

カウンセリングによる癒し効果

会社や学校、人間関係の悩みを話せる人はいますか?誰かに話したら気持ちがすっきりすることでも、誰にでも話すことができない、誰を信じて話したら良いかわからないという人は、カウンセラーに話してみてはいかがでしょうか。

 

病院のカウンセラーは、守秘義務を持っていて、いかなる情報も外部に流すことはしません。カウンセリングで、胸に秘めていたことを打ち明け、共感してくれる人がいると、「自分は間違っていない」「自分だけではない」「見方になってくれる人がいる」ということを実感することができ、自己肯定感にも繋がるのではないかとおもいます。

 

適応障害に使われるカウンセリングとSST

カウンセリングを通して治療を行い、症状が安定してきたら、ストレスの発散方法について学ぶことや、ストレスそのものについての考え方を勉強し、ストレスをためない、あるいはストレスになることがらを上手に受け止められるようなメンタルを作ることが大切です。

 

カウンセラーによっては、ストレスに向き合い、負のフィードバックを行う方もいます。また、適応障害になってしまい、ストレス因子に立ち向かおうとすると症状がでるので、それについてのトレーニング(SST)を行うこともあります。

 

ストレスコーピングやSSTについては適切な時期があるので、その時期を医師とカウンセラーが連携を図り行っていきます。

スポンサーリンク