適応障害とペット

適応障害とペット

「アニマルセラピー」という言葉があるように、動物とふれあったり、ペットを飼うということが、癒しになることがあるようです。ですから、適応障害を患っている方で動物好きな方は、そういう機会を作るとすぐに病状が改善するというわけではなくても、一時の癒しにはなるでしょう。

 

それでは、適応障害でペットを飼うことはできるのでしょうか。ここでは、適応障害とペットについて考えてみましょう。

 

適応障害でペットを飼うことはできるのか

適応障害の治療中に、癒しを求めて動物とふれあいたくて、ペットを飼いたいと思うことがあるかもしれません。結論からいうと、もしも一人暮らしの場合、適応障害を患っている間は、新しくペットを飼うことはあまりおすすめできません。

 

症状がひどくなった場合に、面倒を見ることが難しいこともあるでしょうし、面倒を見ること自体をストレスに感じてしまうかもしれません。

 

もちろん、今までもずっとペットを飼っているという場合は、人に預けたりできない限り、手放すべきではないですし、ペットの面倒を見てくれる家族がいるなら、新しくペットを飼っても問題ないでしょう。

 

動物とふれあいたいときは

一人暮らしで、ペットに癒されたくても、適応障害を患っているというときは、猫カフェや犬カフェなどのように、一時的に動物とふれあえるような場所に行ってみてはどうでしょうか。

 

そういうところであれば、ペットの命を預かるというような責任はありませんから、ペットを飼うよりはプレッシャーもないでしょう。

 

また、動物から癒しの効果を得るということも、可能です。

 

最近は、猫や犬などのメジャーな動物だけではなく、フクロウカフェなんかもあるようですから、好きな動物のいるカフェがないか探してみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク