適応障害とプライベート

適応障害とプライベート

プライベートの時間をしっかり取るということは、ストレスを発散するという点において、とても重要です。また、療養中もプライベートの過ごし方というのは、病気の改善にも大きく関わっています。

 

ここでは、適応障害とプライベートの過ごし方について考えてみましょう。

 

適応障害とプライベート

例えば、適応障害になった理由が、職場や、引越しで新しい環境になれないというようなことにあった場合、プライベートの過ごし方で、病気の回復を促したり、病気でつらいときの気分転換になります。

 

たとえ、休職中だったとしても、プライベートの時間を家の中だけで取ると言う必要はなく、気分転換に外に出て遊んだり、人とでかけたりするのも重要です。

 

また、どうしても新しい環境、土地に馴染めないと言う場合、実家など慣れた場所で過ごすというのもいいでしょう。

 

また、適応障害が回復して、再発防止をする場合にも、プライベートの時間をしっかりとり、好きなことをするということはとても重要なのです。

 

プライベートの充実しすぎも適応障害に・・・

前述のとおり、プライベートの過ごし方は、適応障害を回復したり予防したりするのに、重要な要素です。しかし、プライベートが充実しすぎても、人は疲れてしまい、場合によっては適応障害になることもあるのです。

 

充実しているのに、適応障害というのは、なかなか不思議な感じもしますよね。しかし、そんな忙しい毎日に適応できなければ、どれだけいつも楽しんでいたとしても、病気になってしまう可能性もあるのです。

 

ですから、なんでもほどほどが一番良いのだと言えます。色々なことをする時間も必要ですが、ほっと一息ついてぼーっとするような時間も重要なのだということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク