適応障害の人はバカにされやすい?

適応障害の人はバカにされやすい?

適応障害の人は、適応障害だとバカにされるのではないかと不安になったり、もしくはバカにされた経験があったりするのではないでしょうか。

 

また、自分自身をバカにしてしまうと言う傾向もあるかもしれません。

 

ここでは、適応障害の人は、本当にバカにされるに値するのかどうかを考えてみましょう。

 

適応障害の人はバカか

一説によると、一般的に「バカ」だとされる人は、精神疾患になりにくい傾向にあるようです。もちろんこれは、精神疾患になったことがない人はバカだと言っているわけではなく、精神疾患になる人の多くは、物事を難しく考えたりする癖があるようなのです。

 

そのため、あまり物事を難しく考えないというタイプは、精神疾患にはかかりにくいと言えます。ただ、物事を難しく考えない=バカというわけではないことも覚えておきましょう。それが賢い生き方であるのかもしれません。

 

どちらにしても、つまりは、適応障害の人はバカではありません。

 

適応障害を自分でバカにしないこと

適応障害の人というのは、自分でも自分自身のことをバカにしてしまう傾向があります。なんで普通にできないのか、なぜ病気が治らないのか、自分はダメなんじゃないのか・・・のような思考になってしまうのです。

 

ですが、適応障害は誰しもなる可能性のあるものですし、そんな風に思い詰める必要はありません。むしろ、そんな風に自分を責めたりしていては、一向に病気がよくなりにくいでしょう。

 

適応障害は、なかなか理解されるのが難しいだけで、バカにされるようなものではないことを認識し、慎重に治療を行なっていきましょう。

 

もしもそういう不安がある場合には、自分を受け入れてくれる友達や、家族、またはカウンセラーなどに不安を打ち明けてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク