適応障害の芸能人・有名人

適応障害の芸能人・有名人

「私、適応障害でした。」トーク番組で告白したり、スポーツ紙や雑誌の取材で話す芸能人や有名人は多いですよね。

 

自分を商売道具に活動している芸能人は適応障害でさえも自分を売り出す道具と言うと印象が悪くなりますが、芸能人の告白により適応障害についてメディアが取り上げる広告塔になることも否めません。

 

芸能人や有名人が適応障害になりやすいのはなぜか?

芸能人や有名人が適応障害になりやすいのはなぜか?考えてみました。

 

それはメディアに出ていること人気が高い芸能人や有名人は常に週刊誌の記者に追われています。

 

最近では大手テレビ局のアナウンサーが適応障害と告白しています。

 

適応障害になった原因は交際報道を週刊誌が報じられたことによるもの。報じられたことについてのショックがアナウンサーを追い詰めていったそうです。

 

また、災害などで被災地を取材で訪れた際に目の前な広がる惨状を見て、不眠症と食事が取れない日が続き休養宣言をしたキャスターなど。

 

メディアに笑顔ででている姿を見ている側の私達は「えっ?あの人も?」という芸能人や有名人も多くて驚いています。

 

芸能人、有名人ならではの症状の原因とは

有名なハリウッド女優は映画の撮影中の落馬が原因やドラマや映画の撮影中に起きた事故やハプニングにより症状を引き起こしてしまうようです。

 

芸能人や有名人は人気がいつまで続くか分からないまたはいつ仕事が途切れるかもしれない状態で仕事をしています。

 

常に経済状況がいつ変化するかを考えながら活動してることが分かります。あれほどドラマで主演をしている俳優さんでも適応障害になることがあるのです。

 

その原因は経済的な不安だったりと豪華な豪邸に住んでいる芸能人は一生安泰かと思ってしまいますが、豪華な生活を維持する苦しみがプレッシャーになっているようです。

スポンサーリンク