適応障害がきっかけで離婚してしまうケース

適応障害がきっかけで離婚してしまうケース

適応障害がきっかけで離婚してしまうケースもある

適応障害を発症してしまい家族の間に溝が出来てしまうケースも少なくありません。大切な人だからこそ、早く治してほしいという気持ちと自分自身が生きていくために必要な環境を求めるのも人間ですから当たり前なのかもしれません。

 

職場のストレスや人間寛関係の不調和で適応障害を発症する人は少なくなく、特に子供がいる家庭では子供の将来の事を含めて結婚生活を考えていかなければなりません。自分たち夫婦の問題、病気ことだけではなく、一生かけて守っていかなければならない子供の存在ってとても大きいのです。

 

「適応障害になった配偶者を見捨てるなんて」という人もいるのかもしれませんが、それぞれの家族の在り方があるので間違った判断ではないと思います。

 

慰謝料や親権の問題

離婚する際に問題になることは、慰謝料や親権の問題です。適応障害になった当事者が親権を取ることは一見難しく思えますが、家族や協力者の存在があれば裁判で親権を獲得することは十分可能です。また、離婚は結婚生活最後の夫婦でくだす決断であり、後悔のないような決断をすることが大切です。

 

配偶者の言動による適応障害

実は、配偶者からの暴力が原因で適応障害やうつ病になる方も少なくなく、それが原因で社会生活を営むにあったて困難を生じるケースも見受けられます。家庭内の問題は第三者が立ち入れる場所ではないこともあり、深刻な問題になることもありますが、配偶者の暴力に関しては行政機関に頼ることができます。

 

酷い場合には接近禁止命令を出すなどの措置もあるので家庭内での被害は早めに相談しましょう。自分自身を守るためであり、子供のいる家庭では、教育環境にも相応しくないので早めの対応が必要です。

スポンサーリンク