適応障害による離婚の慰謝料

適応障害による離婚の慰謝料

適応障害が原因で離婚する夫婦も存在します。

 

適応障害で離婚する場合、揉めるとすれば慰謝料か親権のどちらかになるでしょう。

 

家庭の原因で離婚!慰謝料は取れるのか?

家庭が原因で適応障害になり夫婦生活ができないため離婚すゆ場合わ慰謝料は取れるのでしょうか。

 

慰謝料というのは結婚をしてから貯金したお金が慰謝料として見なし約半分の金額が慰謝料として払うことになっています。

 

夫や妻の独身時代から貯金しているお金は夫婦の共有の財産とみなされないため、すべての財産を慰謝料として請求することは夫婦で話しあうか、弁護士を入れて決めることになるでしょう。

 

慰謝料を取れる条件を満たしているか?

適応障害で離婚する時に慰謝料を請求したい場合、どのような原因で適応障害になり離婚へとなってしまったのか。その理由によっては慰謝料が請求できないことも考えられます。

 

慰謝料を請求できる条件として、

 

パートナーの暴力・暴言。モラハラ・不倫や浮気、風俗通い。
セックスレス。そして嫁姑問題です。

 

これらの条件が適応障害になってしまった原因であり診断書があれば慰謝料を請求することは可能です。

 

適応障害がひどくなった状況が立証できること、心の負担の大きさで慰謝料は高くなることもあるのです。

 

これを悪用して、嘘の証言をでっちあげてパートナーを悪者扱いをして慰謝料や手当金を貰えるだけ貰とうという人も稀に見かけます。

 

上記のことをやると、適応障害で離婚したい人が不利になるので、悪用することは絶対に避けてほしいものです。

 

適応障害で離婚した後の子どもの親権など、問題はいろいろでてきます。

 

日本の裁判所は父親より母親に親権が持つ判断をすることが多く、母親が適応障害である場合、親権を父親の方が子どもの教育に良いと裁判所が判断されやすいように父親の実家の支援と保育所の確保。子育てしやすい環境も整えることも必要となるでしょう。

 

適応障害が原因で離婚になるのは仕方ない事ですが、子どもがいる場合はどんな理由でも大きなショックを受けることは避けられません。慰子どもが健やかに成長できるための配慮のための慰謝料請求であれば親として責任は果たしてほしいと思っています。

スポンサーリンク