夫が原因で適応障害を起こしたときの離婚

夫が原因で適応障害を起こしたときの離婚

夫が原因で適応障害を起こした場合

結婚して幸せな家庭を気づきたいと思いきや、夫が今までのように接してくれなかったり、付き合っていた当時には見せなかったような態度をとってきて態度が豹変したと感じる女性も居るかもしれません。結婚して、夫が転勤族だった場合は専業主婦になり夫について慣れない土地で1人で生活をしているような状況です。

 

結婚生活そのものが、今までと違う環境で育ってきた人同士一つ屋根の下で暮らすわけです。それだけでストレスを感じているかもしれないのに、さらに周囲の環境までも変わってしまう事が原因で適応障害を起こしてしまう可能性はあります。

 

夫の暴言や暴力、働いていないことでの経済力の無さから中々本音を言えずに気を使ってしまうという可能性もあります。外に出ていない分、適応できない環境から離れる事が出来ずに適応障害を起こしてしまうのです。

 

また、態度が急に変わってしまうと、浮気をされているのではないか嫌われているのではないかという不安感や、冷たい態度をとられてしまうことでの孤独感が強くなってしまいます。このように原因がはっきりしている場合、どうしても環境を離れて離婚をしたいというのであれば離婚というのもひとつの手段となります。

 

離婚手続きについて

離婚する事に後ろめたさを感じる事はあると思います。特に子どもが居る場合などはそうでしょう。しかし、精神的に病んでしまい働く事が出来なくなったり自殺を考えてしまうようであれば、早めに環境を代える手段として離婚手続きをとっておくのもひとつの方法です。

 

適応障害はストレスを感じている環境から離れる事で症状は改善します。離婚調停などではなく、お互いが上手く話し合いをして離婚が成立すればストレスから開放されるでしょう。しかし、離婚調停のように長引く場合には余計にストレスがかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク