適応障害と坐禅

適応障害と坐禅

座禅とは

基本的には坐禅と書きますが、座禅とかかれる事もあります。もともとは寺院で行われていたもので、海が見えるビーチ、駅に近い場所やビルの一室でも座禅会と称して行われる事があります。

 

座禅は瞑想と翻訳される場合がありますが、目を閉じて思考する瞑想と座禅は別概念になります。

 

適応障害と座禅について

東京都内で朝座禅に参加している人達、「前向きな気持ちで仕事に取り組む仕事が出来るようになった。」「考え込まなくなった。」という意見も上がっており、ストレス解消に繋がっているようです。座禅が心のリラックスを生み出す生理的メカニズムも科学的に明らかになっています。

 

座禅には様々な効果が期待されていますが、集中力が続かない、心配事が頭から離れない、ノルマや機嫌に常に負われている、記憶力が低下したように感じる、血圧が高いといった方は座禅をマスターする事で改善される可能性があります。

 

科学的に明らかになっている物質というのはセロトニンです。セロトニンとは神経伝達物質で、身体の内外からのさまざまな刺激に反応して、その情報を脳内の必要な場所に運んでいる物質です。代表的な物のしてはアドレナリン・ノルアドレナリンなどがあります。

 

セロトニンは心を安定させる働きを持つ物質です。座禅の呼吸法をマスターする事で、脳内にセロトニンという成分が分泌されます。それにより気分が晴れやかになり、憂鬱な気分が解消され清く力が良くなり様々な体調面や精神面での効果が現れてくるのです。

 

うつ病に効果的と言う事で有名な座禅ですが、同じメンタル疾患である適応障害も同じです。姿勢を正して呼吸をゆっくりと行い、無になることに専念すると深く考え込まなくなります。今まで自分を苦しめてきた悩みが軽減するというのが座禅の教えになります。

スポンサーリンク