ヨガは適応障害にいいのか

ヨガは適応障害にいいのか

さまざまな精神疾患には、軽い運動が良いとされています。精神の安定に効く運動というと、ヨガが思いつくという人も少なくないでしょう。

 

では、ヨガは適応障害には良いのでしょうか。ここでは、ヨガの適応障害への効果について考えてみましょう。

 

ヨガの効果

ヨガが、心身の健康に良いとされているということは、おそらく知っているのではないでしょうか。ヨガにもさまざまな種類がありますが、そのどれも、瞑想といってあたまを空っぽにするようなことを目的としています。例え、体を動かすようなものでも、そこには瞑想の概念があるのです。

 

頭を空っぽにするのは案外難しいのですが、これが、ストレス発散や、雑念を消すことに非常に役立ちます。

 

精神疾患にかかる人というのは、特に憂鬱な気分になりやすい人は、不安になりやすいことが多く、ヨガはそういった不安からも解放されるような効果が出る人までいます。

 

また、単にヨガのストレッチをすることは、体と心を鍛えるという面でも効果があります。軽い運動が精神疾患に良いとされていますが、これは、軽い運動をすることにより、鬱々とした気分が吹っ飛ぶからでしょう。

 

適応障害の人はどうヨガに取り組むべきか

前述の通り、ヨガには精神疾患の方に対してとても良い効果があると考えられます。ですから、適応障害の人はヨガをすることで、症状の改善に役立つかもしれません。

 

とは言え、もしもヨガを好きになれず、退屈を感じる場合は、当然ながらそういった効果は臨めません。ヨガをやってみて、開放感を感じた人だけ、続けるといいでしょう。

 

もしも、相性が良ければ、ヨガを続けているだけでも、適応障害がかなり良くなるかもしれません。また、適応障害になったことのある人にとっては、予防法にもなり得ます。

スポンサーリンク