適応障害の予防法

適応障害の予防法

適応障害とは、ある特定の環境や状況に対して、大きなストレスを感じるといったような精神疾患です。そのために、日常生活に支障があるレベルのもののことを言います。

 

ある特定の環境下というところをふまえると、適応障害の予防というのは難しいような気もしますが、適応障害は予防することができるのでしょうか。ここでは、適応障害の予防について考えてみましょう。

 

適応障害は予防できる

自分が適応障害になりやすいとわかっていたり、過去に適応障害で苦しんだ経験のある人は、適応障害になってしまうことを予防したいですよね。

 

適応障害には、しっかりとした予防策があります。ただし、人によっては訓練も必要かもしれません。

 

適応障害の予防法とはどんなものなのでしょうか。

 

ストレスに対処できるようになること

適応障害の予防は、ストレスにどれだけ対処できるかにかかっているでしょう。何らかの特定の状況下でストレスを感じたとしても、うまく対処できれば、問題ないはずです。

 

例えば、ストレスの発散をうまくできることや、ストレス源になるべく触れ合わないようにするということも対処になります。また、ストレスというのは、個人の考え方でもあるので、嫌な事と捉えるよりも、挑戦と思うと意外と苦痛ではないかもしれません。

 

環境の変化があるときには、休養をしっかりととる

入学や就職、転職、転勤などで、今までとはガラリと生活が変わるときというのは、適応障害になりやすいときだと言えます。これがわかっていれば、こういう時には、自分を甘やかして、可能な限り休養を取るというのも重要です。特に、疲れたときは無理をしないこと、スケジュールをパンパンにしないことなどは、大切なことです。

 

意外と楽しいことをしていると思っているときでも、スケジュールがいっぱいだと人は疲れてしまうということも覚えておきましょう。

スポンサーリンク