適応障害の人への伝え方

適応障害の人への伝え方

適応障害になってしまったという伝え方

適応障害に苦しむ人は、現代社会では多くいますがそれとは裏腹に今の社会では理解されにくいという環境にあるのも事実です。普通に働いている人からすれば、あの人だけ何で特別扱いなの?甘えじゃないの?といった厳しい評価を受けるのも事実です。

 

当事者は外手も苦しく、もどかしいものでありどうにかしたいと思っていても中々思うようには行かないというのが実態です。そのため、適応障害であると言う事を隠してしまう人もいますが本当は甘えではないと言う事をどうつたえたらよいのか伝え方についてみていきます。

 

まずは信頼している人に話をしてみるというのがひとつです。周囲の協力というのは欠かす事ができません。自分の信頼できる人に打ち明けてもらい、親身になって聞いてくれれば何かしら手助けをしてくれる事もあるはずです。

 

また、医師に診断をしてもらうと言う事は重要で、仮病ではなくしっかりとした病気であると言う事は大切です。目に見えない分、甘えだと捕えられてしまうので、医師の診断は重要になります。医師に診断をしてもらったうえで、親しい人に伝えると言う事はとても大切です。

 

伝えられた場合

適応障害であると言う事を伝えられた場合、ストレスがかからないような環境やプレッシャーを与えないような発言というのはとても重要になります。ストレスの発散方法を考えるというのがとても重要で、ストレスは誰もが受けるものです。

 

また、誰にでもおこりえる疾患だと言う事を伝えておくと、自分を責めずに精神的に楽に鳴ると言う事も考えられます。しかし、個人が受けるストレスの量や感じ方はそれぞれですので、他人が理解するのは難しいです。それならば、一緒にストレスを発散できる方法を考えて実際に行うほうが良いでしょう。何かを忘れて趣味に没頭したり、気分転換に外出するのも良いでしょう。

スポンサーリンク