適応障害とママ友

適応障害とママ友

ママ友とのつきあいが苦手だという人は少なくないですよね。ママ友というのは、相性が良いわけではなく、子供同士の付き合いの関係でできた関係であることもあります。

 

また、適応障害のママ友との付き合い方に悩んでいるという人もいるかもしれません。

 

ここでは、適応障害とママ友について考えてみましょう。

 

ママ友とのつきあいが原因で適応障害に?

「ママ友づきあい」と聞くと、疲労感を感じるという人も少なくないのではないでしょうか。特に、今までいた土地を離れて、転勤などで引っ越したという場合、今まで仲良しだった友達とは全く異なるタイプの人たちとママ友づきあいをしなければならないこともあります。

 

こういう状況下で、大きなストレスを感じてしまうと、それが原因で適応障害になってしまうこともあると考えられます。

 

ですから、ママ友づきあいにストレスを感じるようなら、いっそママ友づきあいはしないか、きっちり距離をとって付き合うことが重要なのではないでしょうか。

 

適応障害のママ友がいる場合

ママ友の中に、適応障害の人がいるという場合はどうでしょうか。友達というわけではなく、ママ友という関係であるなら、深く踏み込んだりする必要はないのかもしれません。

 

適応障害を告白されて、すぐに距離を取るといったような行動は、相手を深く傷つけてしまうので、おすすめできませんが、適応障害について、必要以上に気にして接する必要はありません。

 

大事な友達ならともかく、ママ友という関係であるなら、適応障害のサポートは、ママ友の家族や友達にまかせておきましょう。その方がお互いのためです。

 

あなたは、ママ友が具合が悪そうにしているときだけ、休ませるように気にかける程度で十分です。

スポンサーリンク