適応障害と遺伝の関係

適応障害と遺伝の関係

自閉症などの先天性の疾患は遺伝の関連性は強いと研究が進んでいます。

 

適応障害にも遺伝との関係はあるのでしょうか。

 

生活環境、人の性格、ストレス因子の内容がそろった時に適応障害が起こるされていますが、遺伝との関係を見てみることにしましょう。

 

適応障害と遺伝の関係

家族や親戚に適応障害と診断されたことがあるのがはっきりすれば、遺伝の関係はあるはあるとされています。

 

適応障害の脳を調べてみると大脳の働きが低下しているということ。自閉症の脳も一般の人の脳より前頭葉の働きが低下いていると研究成果ではっきりしています。

 

遺伝と脳の生成のうちに適応障害になりやすい環境が胎児の時に発生していれば、近年に警鐘している女性の体内の活性酸素の増加が大きく影響されているとはっきりすれば、適応障害の段階でうつ病は心の疾患の重度化を防げるのではないかと考えています。

 

調べていくと、女性の体内の環境も大きく関係していることが分かったのです。

 

遺伝より活性酸素?ストレスが多くなるメカニズム

自閉症や発達障害の原因が女性の体内の活性酸素の増加という近年の研究で明らかになりました。

 

活性酸素が人間の体内に増加をするとストレスが増えるメカニズムになっているのです。

 

発達障害の原因はストレス因子です。

 

ストレスの増やすきっかけが活性酸素の増加。適応障害の人は代謝が悪く体のだるさや疲労感を感じる人が多いのです。

 

女性が子どもを産む際に、アルコールやタバコ、偏った食事をしていると知らないうちに活性酸素が増えて胎児の生成に影響があるということ。

 

遺伝と環境の関係が適応障害にも影響していることが分かり、女性の体や心のケアができる生活を心がけることがとても重大だと言えるでしょう。

スポンサーリンク