適応障害と性格の関係

適応障害と性格の関係

適応障害は人間誰しもなりやすいとされていますが、適応障害にならない人も存在します。

 

適応障害になりやすい人とならない人の境界線は何だろうと調べてみました。

 

適応障害になりやすい人とは

ストレスと上手く付き合える人、付き合えない人。あらるゆる困難に立ち向かっていく人。困難に負けてしまう人の差はどこにあるのでしょうか。

 

適応障害になりにくい人をいうと「今ある状況を受け止め、毎日を生きる」人です。

 

臨済宗という禅宗の教えに「只今 只今を生きる」があります。

 

簡単に言うと、失敗とか考えずに物事を「とりあえず」やってみよ。という教えと考えてください。

 

この考えを体得していく人はどんな壁に当たってもものともせずに前に進んでいく人なんです。

 

しかし、完璧主義やグレーゾンが嫌いな性格の人は「なんで思うようにいかないの?」と新しい物事に対応できずにストレスをたまり、そのストレスに耐えらずに適応障害になっていく要因があるとされます。

 

また、「良い人」と呼ばれる部類の人も、人の頼みに断れずに自分が処理できる範囲を超えてしまい自分の負担が心や体調不良につながってしまうのです。

 

日本の社会の仕組みが適応障害を生んでいる

最近は少なくなりましたが、いまだに「残業がする社員は優秀」という日本社会ならではの風習に慣れている「真面目な人」とかは新しいルール(残業をしない)が気にくわないため、そのルールに従わないケースなど自分の環境に納得がいかないことが起こると適応障害になりやすい性格であると言われいます。

 

日本社会の風習が崩壊しつつある今日。環境とその人の性格によって適応障害になりやすいんだということが分かりました。

 

適応障害にならないために、新しいことに少しは対応できるように心のセミナーの場を設けないと適応障害が増えつつあるのではないかと懸念しています。

スポンサーリンク