適応障害と挫折の関係

適応障害と挫折の関係

挫折するということ

事業や計画などが途中でダメになってしまうことです。自分で定めた目標や会社から決められた目標に対して、途中で挫折してしまったという経験を持つ人は多くいるはずです。何故、挫折をしてしまったのかという原因を追求する事は大切ですが「継続」が出来なくなってしまったために挫折ということが起きるのです。

 

対人関係の観点からすると、役割の変化や挫折体験・喪失体験が引き金となっています。特に今まで大きな挫折を経験することなく社会生活をしていた方が、何かをきっかけに大きな挫折感を味わい適応障害という形となって現れるケースが多いようです。特に「完璧主義を求める人」「几帳面な人」「責任感の強い人」「断るのが苦手な人」「気が小さい人」などは環境の変化に適応できずに挫折してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

適応障害と挫折の関係とは

適応障害とは環境に上手くなじめない事によって生じる、心のトラブルで不安、意欲や自信の喪失、体調不良などを示す事が多く有りますが、場合によっては怒りっぽくなったり、イライラしたり、暴力を振るったりといった行動になることもあります。

 

環境の変化や科せられる責任の重さ、度重なる失敗や挫折、非難などの否定的な体験から社会に適応できなくなって孤立的な状況に落ちいってしまうことが原因です。

 

適応障害の場合、休職からの職場復帰などをした際に「以前できたことが出来なくなっている。」と言う事について挫折を感じる可能性があります。休職前にバリバリと働いていたのにも関わらず、昔の自分と比較をしてしまい輝かしい自分と比べてしまう事で自分自身を追い込んでしまう事があります。出来ていないと思い込むケースもありますので、出来ている事を肯定してあげることが挫折をせずに社会復帰をする第一歩です。

スポンサーリンク