適応障害と前頭葉の関係

適応障害と前頭葉の関係

前頭葉とは

前頭葉は大脳半球の中心を左右に走る溝から前方の部分に位置し、運動の中枢神経と運動性言語中枢があります。前端部は思考・判断など高等な精神作用が営まれる場所だと考えられています。前頭葉連合野・高次運動野・一次運動野の3つに分類する事が出来ます。

 

脳の前方部に位置しているため、大事な神経が集約されているのですが転んだり、ぶつかったりと言う事で衝撃を受けやすい場所でもあります。前頭葉は判断・思考・計画・企画・創造・注意・抑制・コミュニケーションなどといった、いわゆる高次脳機能(精神や心理)に作用します。この部分に障害が起きた場合には、意欲の低下・創造性の低下・思考や判断力の低下・注意障害・興味の喪失といった症状が現れてきます。

 

人が人らしくあるために、必要である人間性を保つ事ができるのは前頭野の働きがあってこそです。このような機能が損なわれると異常行動や異常発言が目立ったり、人間らしさを失った人格荒野といった症状が起こることもあります。

 

適応障害と前頭葉の関係について

前頭葉とメンタル疾患には脳の前頭葉の関係があるという報告があります。この、前頭葉の血流が増える事で症状が改善するという関係が考えられている為、薬を服用することで症状が緩和される事があります。抗精神病薬を服用して、検査をしたところ血流量が増えていたという報告があり、抗精神薬には不安や抑うつを軽減する作用があります。

 

メンタルクリニックに行くと適応障害と診断されて、脳神経外科に行くと前頭葉の血流障害と診断される事もあるようです。このように適応障害と前頭葉にはなんらかの関係が有り、環境を変えてストレスを軽減させる事は第一ですが、改善が難しい場合には薬の服用を行い前頭葉の血流促進をする事で症状が緩和される可能性はあります。

スポンサーリンク