適応障害と本

適応障害と本

適応障害を知るためには簡単にネットで検索すると出てきますが、全ての情報が正しいかどうかは不明です。

 

ネット社会になった今日でも生の情報を提供してくれるのは本です。

 

今回は適応障害を知るためのオススメの本をご紹介します。

 

適応障害を知るためにオススメの本

研究文献のような難しい用語ばかり並べてる書籍より誰でも分かりやすいオススメ本はこちらです。

 

▲適応障害のことがよくわかる本
貝谷 久宣 (監修)
講談社

 

イラストを使って適応障害の原因?治療法まで記載されているため、一家に一冊はあってもいいぐらいの本です。適応障害が広く浅く学べます。

 

▲マジメすぎて苦しい人たち
松崎 博光 (著)
WAVE出版

 

真面目な人が適応障害になりやすい背景を解説。適応障害にならないためのコツなどが分かる一冊です。

 

適応障害を乗り越えるために読む本

 

▲ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術
岡田 尊司 (著)
玄冬舎新書

 

自分のいる環境が辛く生きづらさを感じた時に読むと今置かれている心と体の状態が分かる本です。

 

適応障害を乗り越える方法を分かりやすく解説・紹介しています。

 

適応障害のことを知ることから対処しよう

適応障害のことを詳しく紹介している本をご紹介しました。

 

読むだけでは解決できないかもしれませんが、まずは自分の状況を知ることが大切です。

 

もし、自分が適応障害であればその原因が何なのか自分で見つけることもできます。

 

そしで、自分で解決できることなら、症状が悪化する前に行動を移せるんです。

 

人間は一度自分の置かれている状況を理解すると自分が安心して生活できる環境を自分から探すように行動できる仕組なっているので、悩んで落ち込むよりは悩んで読んで行動を起こしましょう。

スポンサーリンク