適応障害と住宅ローン

適応障害と住宅ローン

適応障害で仕事を休む日が多くなり生活が苦しくなる事例を見かけます。

 

住宅ローンを毎月支払っている家庭は大打撃を受けるはずです。

 

適応障害により仕事ができなくなった場合、住宅ローンの支払いはどうなるのか見ていきましょう。

 

適応障害はローンの審査は通らない?

そもそも適応障害と告知をすると住宅ローンの審査は通らない恐れがあります。

 

金融機関側も住宅ローンを組みたい人に適用障害の治療ないし通院歴があれば、再発してローンを払えないまたは債務整理をすぐ実施しようとするとか考え、

 

貸す側にリスクがあるかどうか判断するためです。このような背景から適応障害者に融資をお断る可能性があるということをご理解していただればうれしく思います。

 

ここで団信のことを少し触れていおきましょう。

 

住宅ローンを組む時は団信こと団体信用生命保険に加入することが義務付けられています。

 

団体信用生命保険とは、住宅ローンを支払う人が病気や災害や不慮の事故で亡くなった場合と重度の障害になった場合、残っている住宅ローンを全部支払ってくれる保険です。

 

団信の受取人は金融機関であるため、金融機関を守る保険というわけです。

 

住宅を手放さなさずに済みかもしれない

上記にもあるように住宅ローンが支払い途中に適用障害になってしまい仕事ができなかった場合、団体信用生命保険の条件を満たしてないと住宅ローンをは保険で払うということは難しいとされていましたが、最近になって適応障害でも加入できる団信が発表され話題を呼んでいます。

 

適応障害で生活が困窮をしても自宅を手放さなくて済むということです。

 

住宅を手放さなさずに済みかもしれない

上記に挙げたように住宅ローンを支払い途中で適応障害になった場合でも、団体信用生命保険の適用が認められ住宅ローンが0になる可能性が高くなり、債務整理する必要までいかなくなるかもしれません。

 

高い買い物を無駄にしないため、適応障害でも加入できる団体信用生命保険のことを知っておきましょう。

 

債務整理や生活保護は最後の手段です。

 

最後の手段を使わないほうが良いのですが、弁護士などの専門家に債務整理や生活保護のことを相談するのも良いでしょう。

スポンサーリンク